講演・著作

  1. 2020年4月吉日 小生の医学書「検診で使える!心電図自動診断とのつきあい方」が南江堂より上梓されました。ご購入よろしくお願いします。
  2. 2020年9月6日 出席・会談しました! 山王カンファレンス(GSK主催)に出席、呼吸器内科専門医兼循環器専門医、国立循環器センター循環器内科客員部長の永谷憲歳先生の講演を拝聴、質問および会談をしました。ICS/LAMA/LABAは、COPD患者の心血管合併症を減らすというエヴィデンスを実感しました。このような優秀な先生と談笑出来、良い刺激を受けました。
  3. 2020年9月28日アストラゼネカ主催 ”DIABETES SYMPOSIUM IN EDOGAWA” 日本大学医学部 循環器内科 教授 奥村恭男先生の特別講演のディスカッション にて発表 テーマは「日常診療におけるSGLT2阻害薬の活かし方」〜糖尿病診療において〜 25枚のスライドと20分間の口述を行った。

    当院発表は日本大学 奥村教授よりお褒めの言葉を頂きました。(終了しました)
  4. 2020年10月5日 城東脂質と血管カンファ(バイエル薬品主催)で座長を行いました。
    順天堂大学大学院 循環器内科学 特任教授 代田浩之先生、日本医科大学千葉 北総病院副院長 病院教授 浅井邦也先生とコラボしました。代田教授の特別講演を主に、浅井先生にコメンテイターとして出席して頂きました。浅井先生と私、そして、もし、長老の鈴木謙吾先生が先生が加わると、いつもの江戸川区医師会の循環器研究会の様相です。代田教授の「脂質異常症治療の最前線」は大変勉強になりました。

    私も予てからの疑問である、スタチン筋症状と還元型コエンザイムQ10のことを質問出来ました。本会はWeb講演会であり、城東地区中心
    に40名以上の視聴者があったことを聞きました。代田先生、浅井先生に感謝を申しあげると共に座長としてやりがいも感じました。(終了しました)
  5. 2020年11月24日 興和株式会社 社内研修会で講演を行いました。
    テーマは「日常診療におけるSGLT-2阻害薬の使い方〜特に循環器診療において」を発表し
    ました。各SGLT-2阻害薬の違いについても表にして明示しました。

    口述は約45分、質疑応答30分でした。興和本社でのライブ講演会にもかかわらず、12名もの社員様が出席、活発なご質問を頂きました。
    コロナ禍で距離をとり、シールドを個々に貼って、全てマスク越しの会話、マイクにも抗菌カバーを掛けての万全の体制のものでした。
    現在、Web講演会もライブ講演会も乱立し、出席者数名ということをよく耳にします。私の講演は、いつも沢山の方に聞いていただき光栄です。(終了しました)
  6. 2020年11月27日 第21回幕張カンファレンス 毎木曜日に須藤佳苗先生と行う幕張カンファレンス

    循環器専門医、内科専門医として、お互いに、幅広い題 材からウイークポイントを選びます。今回は私の口述で「VTE(静脈血栓塞栓症) について〜外来管理のポイント」を行いました。須藤先生からは勉強になったとのコメントでした。(終了しました)
  7. 2020年12月3日 第22回幕張カンファレンス 木曜日に行う須藤佳苗先生とのカンファレンス 

    今回は須藤先生の発表で、循環器疾患とCOVID-19、早期再分極(J波)症候群についてでした。いつも、勉強家であるのに驚きます。私はLp-a(先月口述)の補足もしました。(終了しました)
  8. 2020年12月7日月曜日 船堀タワーホールにてバイエル薬品社内研修会の講師として講演を行いました。
    私のテーマは、「静脈血栓塞栓症(VTE)の外来管理〜その病理とレオロジーまで」でした。30分の講演と40分以上の質疑応答を行いました。活発な30問以上の質問が出ました。12名以上の出席を頂きました。ありがとうございました。(終了しました)
  9. 2021年1月17日(日)講演を行います!スキルアップ社主催 医療講演で「健診読影に直ぐに使える心電図の読み方」の講演を行います。拙書「検診で使える!心電図自動診断とのつきあい方」にも書いていない項目、血管造影との比較も提示します。故関口教授が言いたかった心電図読影のポイントを解説、披露します。来場の方には同書をプレゼントします。(終了しました)

  10. 2021年1月21日 東京保険医協会にてWeb講演会の司会を行います。第448回 循環器研究会で講師は日本大学医学部 循環器内科教授 奥村恭男先生、テーマ は「新しい心不全薬の使い方、心不全のとらえ方〜イバブラジン、ARNI、SGLT-2阻害薬の位置づけ」です。

    すでに80名を超える視聴申し込みがあるそうです。保険医協会の皆様は、皆さん勉強家ですね。のんびり開業医なんて皆無、真摯な学徒ですね。

    東京保険医協会の循環器研究会(勉強会)は、故関口守衛先生らが中心となって立ち上げられた研究会で、40年以上も続いています。私もこの会の執行委員をしています。