院長のブログ

(315)吸入薬についてのミーティング

久々にWEBではなくLIVEの講演会がありました。日曜日に赤坂に行って来ました。

ICS,LAMA,LABAの3剤吸入薬について講演、実地医家向けの症例提示と活発な質疑応答がありました。講師は大阪の永谷先生でしたが、非常に勉強になりました。呼吸器疾患、特にCOPDなどは循環器医が診るべきとのとのお考えであり、かなり納得しました。

以下、記します。

  1. COPDの治療にいずれ、内服のβ1遮断薬が使われるであろう。
  2. COPDは血管内皮機能が低下している。
  3. COPDでは全身の交感神経活性が亢進している。
  4. ICS-LAMA-LABAは心血管死を予防できる。

以下、続く。

   

 

「院長のブログ」一覧に戻る