院長のブログ

第308回 紀ノ国屋書店も再開

PCR検査は二次流行に対して、着々と施行数拡大の準備が必要だと思います。感度の悪い検査ですが、やはり、スタンダードとして必要です。他国との国際比較の上でも、ある程度の数は必要です。そのためには、全自動の機械も導入するべきです。ただ、日本の政治判断や省庁の仕事が遅いなら、当面、LAMP法で補う機転も必要です。
国にやる気があるのでしょうか。不明です。
さて、新宿紀ノ国屋書店も再開されました。時々自分も行きます。
写真は休店前の3月下旬のものです。休日でも人は少なかったです。3階の医書売り場も閑散としていました。自分の本が平積になっているのを見て、少し嬉しく、くすぐったい反面、もっといっぱいの人が買いに来ないかと心配もして遠くから見ていました。


  



 

「院長のブログ」一覧に戻る