院長のブログ

303回 イベルメクチンに期待

COVID-19については、国民に平等な分け隔てなんてない補助が必要だと思います。休業補償については、ドイツ(9000ユーロ=約100万円)、イギリス(月2500ポンド=約34万円)もあります。日本だけではありません。政治家は嘘をついてはいけません。問題なのはそのスピードです。ドイツは約1週間で無条件で振り込まれます。「手を挙げろ」なんて偉そうに貴族議員の様に言う政治家は品が無いですね。脳力も無いように思えます。
さて、本題ですが、オーストラリア(豪州)でイベルメクチン(ストロメクトール)が新型コロナに有効との結果が出ました。これは大村先生開発の駆虫薬ですが、毎年東南アジアで多くの糞線虫、回旋糸状虫の患者さんを救っています。特筆すべきは、その副作用の少なさです。抗リウマチ薬より遥かに少ないと思われます。北里大学で追試中です。期待したいです。迅速にやって欲しいです。


 

 

「院長のブログ」一覧に戻る