院長のブログ

第293回 Target‐UA試験(ターゲット・ユーエー試験)

今年、当院が取り組んだものの一つにTarget‐UA試験があります。これは、トピロリックで尿酸値を下げていくと腎機能の改善がみられるかどうかの臨床試験です。FETHEE( フェザー)試験では、フェブリクによる腎機能の改善はありませんでした。トピロリックで改善するか?私はかなりその可能性は高いと思っています。もし、有意に改善を認めた場合、Target‐UA試験は歴史的にも医学史に残る画期的試験となります。それも奈良県立医大の指導の下、実地医家中心に行われた臨床試験というのは大変な意義があります。当院もその臨床証拠を出す一助となり、実際に行った歴史的証人ということになります。日々の診療に加え、このような医学会を変える様な新事実を残すことに大変やりがいと責任感を感じています。



 

「院長のブログ」一覧に戻る