院長のブログ

第287回 巷に溢れるHFpEF

山間部をトレッキングしていて、ラフティングの初心者教室をしている人達を見つけました。
夏らしい風景です。

さて、HFpEF(拡張障害型心不全)は前回書きましたが、想像より遥かに多く外来などでもみられます。きっと、訪問診療などでも多いと思われます。

更に特徴を書いておきます。

HFpEFは、

  1. NT-proBNPの上昇がない場合が多い。あっても100〜200台と軽度で、心不全にそぐわない
    低値である。
  2. 心エコー検査でほぼ診断となる。
  3. 診断したら直ちに治療をするべきである。



 

「院長のブログ」一覧に戻る