院長のブログ

第285回 COPDのメーカー講演会

久しぶりに新宿京王プラザホテルへ行って来ました。COPD診療の講演会へ出席するためです。
国立国際医療研究センター病院 呼吸器内科 放生先生にも質問してきました。S先生、N先生のためにもまとめてみます。

  1. 外来診療時、mMRC分類質問票を活用し、どのグレードなのかキチンと把握する。
  2. 喘息にはLABA単独ではダメ、必ずICSを入れる。
  3. COPDはICS単独ではダメでLABAかLAMA+LABAを入れる。
  4. COPDの約30%がACOと言われている。好酸球数300以上である。
  5. しかし、ACOではない好酸球の多いCOPDが存在する。
  6. それは、所謂eosinophilic COPDでICS+LAMA+LABAの適応である。
  7. 逆に好酸球数100以上ないとICSは効かない。



 

「院長のブログ」一覧に戻る